昨日の夕刊に興味を深い記事が掲載されていました。
「色の力でトイレのにおいが気にならなくなる
色彩が心理に及ぼす影響の実験結果が兵庫県西宮市の大手前大学「山下真智子教授」により発表されました。
学校のトイレの壁をカラフルに塗り替えたところ、刺激的な刺激が強まり、相対的に脳がにおいの印象を持たなくなると分析、
トイレに行きやすくなったと児童に好評とのこと。